株式会社シグナス

ホーム

サービス一覧プリント基板の検査体制

基板の検査体制

SIGNUSは単純な「商社」の枠にとらわれず、
     サービス向上の為に様々な取り組みを行っています。

その一つが「品質保証」です。



『メーカーによる検査』
弊社が納入する基板は全数導通検査(チェッカー)を行います。
※導通検査不要のご指示がある場合は除きます。
上記に加え、外観検査等の出荷前検査も行います。




『メーカー駐在員による検査』
試作・量産の両メーカーへシグナスの検査員を常駐させています。
メーカーの出荷前検査後に外観検査を行います。
これにより、不良品発生時の再作成を早い段階で指示することができ、 納期への影響を最小限に留めさせています。
また、Out-Out取引においても、 シグナスの品質基準をクリアした製品を納入することができます。

 

『日本国内での検査』
外観検査に加え、新規機種は仕様のチェックも行います。
不良品発生時の再作成指示はもちろんのこと、 不良品の見落としについて各検査員の再教育も行います。

 

 

 

2重、3重の検査体制で、
お客様へ安心をお届け。

標準の拡大鏡検査に加え、顕微鏡検査も対応致します。
標準品はJIS規格(クラスⅡ)をベースとし、
各項目の基準を詳細に定めたシグナス独自の基準を採用。
量産品は品番ごとに、 検査方法やより厳しい基準を定めることも可能です。

 

受入検査の様子