ホーム>プリント基板設計の重要性

プリント基板設計の重要性

プリント基板設計の重要性

プリント基板設計(パターン設計)は、とても重要な設計項目のひとつです。

基板設計によって、部品の特性が活かされるか否かが決まるといわれています。

ここでは、プリント基板設計についてご紹介致します。

 

昨今、非常に便利な電化製品が幅広いジャンルで数多く存在しています。

例えば、毎日持ち歩く携帯電話や、現代の仕事現場では欠かすことのできないパソコンなどです。

これら全ての電化製品には、プリント基板が使用されています。

プリント基板に搭載される部品が上手く機能することで、この便利な世の中が成り立っています。

 

例えば「ノイズ対策」。

ノイズによるトラブルが発生してから「ノイズ対策部品」を追加することもできますが、部品搭載スペースの増加・発熱量の増加にも繋がります。

このようなカットアンドトライで対策を行うと、コスト上昇・開発期間の増加などの問題点も発生します。

これをパターン設計段階でグランド強化を行うなどの対策を施すことで、上記のような問題を抱えずに済ませることができます。

このように、部品を上手く機能させるため、はプリント基板設計が非常に重要であると言えます。

 

SIGNUSでは、実績多数の基板設計会社複数社より、得意ジャンルや使用CADなどを踏まえ、お客様に最も適した基板設計会社をご提案致します。

短納期や低価格でのご要望にも広くお応え致します。

お気軽にご相談ください。

ページ上部へ
ページ上部へ
?